1円・1%にこだわる節約系ライフハックブログです

スマホ育児、結局その善し悪しは管理する親の意識次第

risarisa20141018093713



ママボヘミアンです。今日はスマホ育児に関して寄稿してみます。

子育てへのスマホ活用

子どもにスマホは触れさせたくない。そう思っているお母さんたちも多いのではないでしょうか。ある調査では、七割のお母さんがこどもにスマホを触らせることに反対、という結果が出たそうです。

心配なのはこのような理由からといわれます。

  • 中毒性
  • コミュニケーション能力の欠如。
  • 視力の低下

メディアや育児書等でも、こうした理由から反対意見が多く見受けられます。ですがこれはスマホそのものに問題があるのでしょうか。確かに無理にスマホを見せる必要など、どこにもないと思います。しかしスマホはこどもに害があるから見せない。あるいはスマホを見せることに罪悪感がある。

そう漠然と考えているお母さん、少しスマホの捉え方を変えてみませんか。

うまくスマホを利用することは、子育てにおいてのストレスの軽減につながり、見せ方の心得次第で、子供の躾においてさえ、活用できるものと思うのです。

              
スポンサーリンク

便利だから、という理由のみでの頻用はいずれ不便につながる

泣いたらスマホ。ぐずったらスマホ。そして泣きやみ、ぐずりやむこども。

便利」・・・でしょうか?

即効性があり、短絡的に見れば便利と言えるでしょう。長期的に見ればこどもの成長を妨げる、不便なものとしか思えません。ご機嫌取りに使うのは、テレビでもスマホでもお菓子でも同じです。その場しのぎで、本当の意味での解決や成長などはありません。

ぐずれば要求が通る、そのことをこどもに教えるにすぎないからです。そして子供自身が他の解決方法を探るという選択肢を奪います。こどもの成長に一番必要なのは親とのコミュニケーション、そしてスキンシップです。スマホ活用を是としても、そのことに異論はありません。

PR妊娠を希望する方、妊娠中・授乳中の方にオススメのやさしい葉酸サプリ

コミュニケーションツールとしてのスマホ活用

646d2f45ad9ba1e1476827b3d09f0b79_m

とはいえ核家族化が進んだこの時代。子どもと四六時中マンツーマンでいるお母さんのストレス、精神的負担はとても大きいのではないでしょうか。また公共の場でこどもがぐずった際、周囲の視線が痛い。そんな経験をされたお母さんも少なくないでしょう。

そこで救世主となるべく登場するのがスマホです。子どもにスマホを触らせたくないと思うお母さんが多い一方で、テレビなどのメディアを実際に見せていないお母さんは、どのくらいいらっしゃるでしょうか。そして、テレビとスマホの違いはどこにあるのでしょう。

テレビの長時間の視聴は言語発達や知能に差を生む、などと言われています。しかし一方で、視聴する内容がこどもにとって適したものであれば、知能をあげるとの説もあり、テレビを見ながら親子で会話をすれば、言語力は伸びるというデータもあるようです。

スマホにも同じことが言えるのではないでしょうか。こういったメディアに任せきりにせず、短時間の利用でコミュニケーションツールの一つとして活用すれば、ポジティブな側面のほうが大きいと思うのです。

そしてスマホとテレビの圧倒的な違いは、携帯できること。動画の視聴という一方向の情報配信ではなく、指先を使った知育アプリ等、五感を刺激しながらこどもの発達を促すツールが多岐にわたるという点にも注目できます。

実際に、我が家でも一日に10分程度はスマホを活用しています。バスで遊び場に出かけた帰りの待ち時間、その日の写真や動画をこどもと見て会話につなげています。ただ何かを待つという経験も大事ですよね。疲れ果てた帰り道のみ、息抜きに親子でスマホを楽しんでいます。

              
スポンサーリンク


こどもの依存度より親の依存度

しかし、魅力的だからこそ、こどもの興味もそそられる。一度スマホに触れさせたら、いつも見たいと催促される。そう危惧されているお母さんも多いのではないでしょうか。お察しの通り、もちろん見せたい時間外での催促はあるでしょう。もしかしたら、激しくぐずることもあるかもしれません。

ではどうすればいいのか。ぐずっても、ダメだと判断したときは見せなければいいのです。簡単ではないですね。それを徹底していれば、案外こどもは慣れます。見られるとき、見られないときの分別はつきます。スマホを使ったとしても、歯止めを利かすのは親の対応です。そこに苦労はあるはずで、ただ楽なことには結びつかないかもしれません。しかしルールを決め、それを守らせることは、子供の我慢する力を伸ばす、とても大切な経験でもあります。

そうした意識をもって、育児に活用するのであれば、スマホを過度に避けることはないのではないでしょうか。久しぶりの外食で、親も楽しみたい。こどもとの遊び時間の合間に、ほんのちょっと自分も息抜きしたい。そんな場面で活用し、双方のストレスを減らすことは、決して悪いことではないでしょう。

幼少期のスマホ活用に問題があるとしたら、それはこども自身の依存というよりも、楽を覚え、それに頼りたいという、与える側の親にあるのではないか、そう思うのです。

              
スポンサーリンク

 この記事がお役に立ちましたらポチポチして頂けると嬉しいです
 フォローしていただけると新着記事が届きます。

follow us in feedly
    


育児」の関連記事はこちらです

コピーする

新着記事はこちらです

no image
TEST

   未分類

種類 色 値段 生産地 りんご あか 200円 青森県 みかん オレンジ 350 …

DSCF5aaaa292
岐阜県中津川へ行ったら押さえておきたいご当地グルメ・お土産

   グルメ

itoken家では、「栗きんとん」解禁に合わせて岐阜県中津川まで足を運ぶのが例年 …

DSCF547aaa5
岐阜県中津川の有名店栗きんとんを食べ比べしてみた

   グルメ

中津川で各社メーカーの栗きんとんを一個ずつ買ってきました。全部はレポできないです …

summer-darling-thatsdarling
転職面接成功の秘訣はイメージコンサルティング=自身の魅力を認識し発信すること

   仕事

「イメージコンサルティング」というのは「なりたい自分になれるようにする」ことです …

4bb247bc796f491465a182757b3220bb_s
転職に向けての面談練習でしっかり押さえておくべき4つの関門

   仕事

書類選考を通過するといよいよ面談を迎えます。 転職における中途採用の面談では、比 …

reading-834944_1280
リーダーズカードの還元率改悪決定!次の乗換先はリクルートカードプラスな理由

リーダーズカードのポイント付与基準の改悪が発表されました。 残念ながら大幅に還元 …

ship-helm-759954_1280
上司を上手にコントロールする「ボスマネジメント」という舵取り法

   仕事

「ボスマネジメント」という言葉をご存知でしょうか。 アメリカなどではよく知られて …